オタクで何が悪い

アカバネのオタクな日々と考えをアナタに

AURA 〜魔竜院光牙最後の闘い〜

 

 

AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)

AURA ~魔竜院光牙最後の闘い~ (ガガガ文庫)

 

今回は、AURA 〜魔竜院光牙最後の闘い〜について

語っていこうと思います。

 

田中ロミオ先生の作品ですね、あとロミオ先生といえば

人類は衰退しました ですね。

 

OPの踊りが可愛い

 

f:id:akabane1234:20170404003008j:plain

 

さて今回は、AURA 〜魔竜院光牙最後の闘い〜です。

 

f:id:akabane1234:20170404004539p:plain

 

佐藤一郎は、オタクを封印普通の男子生徒として、高校デビューに成功したかに思えたが、ある晩、忘れ物を取りに行った学校で不可思議な女の子「青の魔女」と出会う事でだんだんと立場が変わっててしまう、、、

 

いやぁ原作2008年なんですね(⌒-⌒; )

もう約10年前とか時の流れは本当に早いですね_:(´ཀ`」 ∠):

 

この作品は、ココロに刺さるシーン沢山あって泣けます。

イジメのシーンが結構リアルで、SUN値がピンチです。

 

f:id:akabane1234:20170404004322j:plain

 

良子の厨二台詞の綻びを指摘した一郎にイチャつく

蕎麦屋のシーンは、ほのぼのして良かった。

f:id:akabane1234:20170404004822j:plain

 

やはりAURA といえば、ラスト10分ですよね

このシーンは本当に心に残ってます。

f:id:akabane1234:20170404005236j:plain

f:id:akabane1234:20170404005243j:plain

 

良子

「一郎こそ、この世界が楽しいと本気で思っていると?」

一郎
「それは」

「・・・そうさ。普通の高校生らしさになじめない人間だよ、俺は。

けど、こうやって頑張ってんだろ!」

良子
「私は頑張れない」

一郎
「なんで頑張れないんだよ!」

良子
「狭量だから」

一郎
「誰が」

、、、

、、

良子
「世界が」

 

この台詞のやりとりにアカバネは、原作で泣いて、コミックで泣いて

映画で泣きました。

 

「失敗を許さない」社会は、本当に息が詰まります。

はみ出したって、道を外れたって、いつだってやり直せる

そんな世界がいいですよね?

 

アカバネは、この原作が出た2008年より

さらに世界が狭量になってる様に思います。

 

本当に悲しいです。

 

だから今頃、アカバネはAURAを引っ張り出してきたのでしょうか、、、

自分でもよく分かりません。

 

ブログを書こうかなと思った時、何故かAURAについて書こうと

思いました。

 

この後はまだ見てない人の為に、秘密にしておきますね(`・ω・´) 

 

今日はこの辺で、おやすみなさい。

 

アカバネ

=======================

最後まで読んで下さり、ありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。
クリックして頂けると、大変励みになります。
どうか、下のバナーをポチッと押して下さい。

よろしくお願いします!m(_ _)m

 


おたく(ヲタク)日記ランキング

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村